簡単に作る

クラスTシャツは、学校祭や体育祭など、学校行事の様々なシーンで多くの学校が用いています。しかし、クラスTシャツを作るにあたっての一番の問題が、どのようにクラスTシャツを作るか、ということです。通常クラスTシャツは一つの学級などの全員で同じものを着用します。従って、1学級分、およそ30着程度の同じデザインのものを製作しなければいけません。 これを簡単に作る方法として、オリジナルのTシャツを作ってくれる業者に依頼するという方法があります。自分たちでデザインした柄を業者に依頼するだけで、本来自分たちでやらなければいけない印刷作業など、さまざまな面倒な作業を業者が行ってくれます。また大量に印刷することでコストも安くなり、安価で、しかも手軽にクラスTシャツを作ることができるというわけです。

一般的なTシャツに通常の一色のインクで印刷する場合は、30枚ほど印刷するとすると、Tシャツ1枚ごとに1000円弱ほどが相場のようです。同じ柄を印刷する枚数が多くなれば多くなるほど値段も安くなり、100枚以上印刷する場合は、700円程度まで安くなります。また印刷する色を増やす場合やプリントする場所を追加する場合は、それぞれ増やすごとに値段が高くなっていきます。30着程度ではそれぞれ300円ほど、100着程度ではそれぞれ200円ほどが相場のようです。つまり、印刷する枚数が多ければ多いほど、手間もかからず値段も安くなることがわかります。